IDG(Insight Digger)

IDG (ONTROX Insight Digger™ Technology) 示唆可視化エンジン

ONTROX Insight Digger™ Technologyは、様々な現象の関係性や意味を解析してノード(結節点)とエッジ(結節線)で表現するビジュアライズするテクノロジーです。

本エンジンは、大量のデータを処理・表示できる「高い描画数」と、ネットワークでの表現や時系列でデータを動的に表示するといった技術的な要素だけでなく、マーケティング理論など利用者の理論も取り入れて開発しているため「複雑性の高い事象を直感的に理解できる」といった特徴があります。

身の回りにあふれている「膨大で複雑な対象」を観るために。

現在、情報がどのように拡散し収束していくのかを可視化することでプロモーションの最適化を測ったり、問合せの傾向などを把握して運営負荷を軽減するコールセンターの最適化など様々なシーンで利用されています。

身の回りにあふれている「膨大で複雑な対象」を観るために。

ONTROX IDG™ Technologyは、そのために生まれたエンジンです。

IDG(Insight Digger)の運用面での特徴

「意味のある情報が視覚的に理解できる」「大量のデータ処理に対応可能」「手間のかからない」といった点で様々なお客様から高い評価を受けています。
IDG(Insight Digger) Mapping Image

意味のある情報が視覚的に理解できる

一般的な「単語別」の出現数でなく、「内容別」に整理されます。加えて、内容が近いものが近くに配置されるといった各グループの関係性を整理されていることから、意味のある情報が視覚的に把握できます。

大量のデータ処理に対応可能

独自の高速演算手法により、約10万件といった大量のデータでも3分で解析できるなど、サンプリングでなくすべての実データを分析・可視化を実現することができます。これにより、より正確に全体像を把握することができます。

メンテナンス・分析に手間がかからない

一般的な「構文型解析」でなく「計算型解析」なので、単語をマシーンに覚えさせるような辞書登録のメンテナンスが不要でかつ、口語にも対応できるため、ノイズの除去といった作業も不要で、運用の手間を抑えることができます。

IDG(Insight Digger)の主な適用事例

様々な企業のニーズに合わせて、独自にチューニングしてサービスを提供しております。

プロモーションの最適化

市場がどの因子で拡散し収束して行くのかを可視化することによって、最適なタイミングで、最適な対象者に、最適な情報を当てることができ、プロモーション効果を最大化します。

コンタクトセンター運用費

問合せの大量のログデータを高速に解析して、質問内容・傾向の変化や主な問合せ内容、及び重要度の高い質問を直感的に把握できるようにします。これによって、より効率的な運営を支援します。

乗降データの可視化

電車やバスなどの乗降データを、リアルタイムに可視化することで、商圏の変遷などを直感的に把握できるようにします。

アイデア創出の支援

各アイデアの関係性をビジュアライズしてアイデア全における議論の核、方向性を認識できるようにします。これにより、より深いアイデアや斬新なアイデアを出せるようにします。

ソースコードの最適化

プログラム同士の関係性を可視化することによって、ボトルネックになっているプログラムなどを見つけて、ソースコード全体の最適化を行います。

サーバー監視時の異常値

多様な変数を持つサーバーが大量にある中で、故障時などの異常値を可視化し、すばやく原因の特定を支援します。

IDG(Insight Digger)操作画面

IDG(Insight Digger) for Twitter の場合のショーケース

IDG(Insight Digger) Output Image